作る前に

トンネル

世の中には多くのスポーツが存在しており、その殆どのスポーツにおいてユニフォームを着用してプレイする機会が多いのではないでしょうか。 特に野球やサッカー、バレーボール、バスケットボールといった競技人口の多いスポーツはチームを組んで楽しむスポーツです。プレイする時の人数が多い上にチームに所属する選手たちの殆どがユニフォームを必要で大量に制作しなければなりません。 ユニフォーム制作は大変ですが、最近では簡単にオーダーが出来て要望に合ったものを制作してくれる業者が存在します。ユニフォーム制作に掛かる主な費用は、オーダー方法、プリント方法、ユニフォームのセット数などで、各方法の相談や割引プラン利用などで費用調整が可能な場合が多いので、関心のある方・団体様は一度専門業者に相談してみてはいかがでしょう。

皆さんが普段楽しまれているスポーツにもきっとユニフォームがあるのではないでしょうか。数多くのスポーツがありますが、プレイ時に着用するユニフォームの歴史について少し覗いてみましょう。 起源としては、学校の制服で見掛けることの多いブレザーであると言われています。英海軍の話になるのですが、1837年の女王観覧の際にブレザー号と呼ばれた船の乗員全員がダブルのブレザーに統一して着用したことが始まりとされています。当時は軍服がユニフォームという認識が強く、部隊や階級を見分ける為の役割がありました。 そして、時代の流れと共にスポーツにおいてもユニフォームが波及し姿や形が変化していき、現代の野球やサッカーなどでは当然の存在であり、スポーツの違いやチームの見分けが出来ることは軍服における部隊の見分ける為の役割と似ていますね。